FUTURE CITY FUTURE NIGHT

スマートイルミネーション横浜

© Smart Illumination Yokohama executive committee

NEWS

【INTERVIEW_5】 筧康明(東京大学 筧康明研究室)「Waves」

「Waves」

スマートイルミネーション横浜2019、アートプログラムのテーマは「スポーツ・からだ・エモーション」。東京大学大学院 情報学環・学際情報学府の准教授として教壇に立ちながらも、メディアアーティストとして活躍する筧康明先生。
スマートイルミネーション横浜では昨年、シャボン玉を光らせたプリミティブな作品「Pneuma」(東京大学/慶應義塾大学 筧康明研究室)を発表。今年の作品も水に関係する作品だと聞いたので、実験に訪れていた先生に作品について語っていただいた。

円筒形の装置の中に充填された透明ポリマーと水を透過・反射することで、照射される光源が様々なパターンのアニメーションを生み出す作品。デジタルな映像のようであり、連続的な波のようにも見える、静かに瞑想を誘うような作品。

―展示作品における思いとは?

筧:海辺のパークで作品を展示するにあたり、“海を見るような気持ちで作品を眺めることがいかに可能か?”と考えました。“海を見る”は、果たして、光源を見ているのか、それともマテリアルとしての水の動きを見ているのだろうかという疑問があります。結局は、水面の動きに合わせた光の反射・拡散の移ろいを見ているんですね。そういう複合的な変化の関係の中に僕らは美しさを見出しているのではないかと。それならば、環境をメタにとらえてミニマルな光源とマテリアルの変化の中で、僕たちがじっと眺めていられるものを見出すことができるのか? それが、今回のチャレンジです。

―スマートイルミに参加する意義を教えてください

筧:僕たちは、このすぐ近くにラボがあるのですが、そこで作った作品を、外に持ち出し、いろんな人に見てもらって、持ち帰ってまた作る。ラボとフィールド、ショーケースが密接につながったようなモノづくりをしたいと思っています。そういう意味で、このイベントなど、近隣のイベントにも参加しています。また、ラボやホワイトキューブで完結してしまうだけではなくて、その外側にいかにメディアを持ち出せるかというチャレンジがあります。スマートイルミネーションの展示は、野外で雨もある、かなり過酷なコンディションと言えます。その中で何ができるか?という、もうひとつのチャレンジだと思いました。

―電力削減、省エネルギーについて、作品を通して考えられたこととは?

筧:無駄なものを減らそうというベクトルは重要ですが、もっとポジティブに考えてもいいかなと思います。エネルギーを減らすことだけを考えるのではなく、エネルギーの循環を作品作りの中で意識することが、新しい表現につながると思っているので。今のメディアアートにおいては電気があることが当たり前になりすぎています。その当たり前を疑うこと自体が新しい可能性につながるというスタンスでやっています。

―作品についてメッセージをお願いします

筧:作品が触媒のようになればいいなと思っています。今回の場合、ぼーっと、ある種、人工的な持ち込まれたモノを見ているのだけれど、いつのまにか海や空を見ていましたと。
周りの美しさに気が付くというか目が行くという、そういう触媒になったらいいなと思っています。ひいては、環境やエネルギーのことに意識がいくことにつながればいいなと思います。

昨年の作品はこちら…

【INTERVIEW_4】エリーパワー株式会社

スマートイルミネーション横浜のコンセプトである、「環境・省エネルギー技術とアートを融合し、新たな時代の創造的夜景を創出」を実現化し、アーティスト作品を支える心強い企業こそがエリーパワー株式会社だ。

昨年開催されたスマートイルミネーション横浜2018において、巨大な光る足(作品名:「海足」、作家名:久保寛子)を出現させるために稼働した、エリーパワー株式会社の蓄電システム「パワーイレ・スリー」。

エリーパワーはリチウムイオン電池の製造メーカーだ。ただし、家電などに内蔵されている小さな電池ではなく、それよりも大きい家庭や施設向けの蓄電池を生産している。創立は2006年と、まだ若い。

「弊社の創業者であり会長の吉田(元・住友銀行副頭取・住銀リース会長)が、当時、慶応大学で開発していた電気自動車“エリーカ”のプロジェクトを統括しており、そこで“発電して余った電力や再生可能エネルギーを無駄なく効率的に使うには、蓄電池の活用が必要”という思いに至りました。
そして吉田自身が立ち上げたというのがエリーパワーです。最初は電池の技術者なしの、たった4人だけだったんですよ」
とエリーパワー株式会社の広報部・船岡さんは説明する。大型の蓄電池が普及すれば、災害時のバックアップ電源としてのみでなく、無線を内蔵すれば電力需給調整としても活用することが可能になります。

“世の中のために必要だ”という思いで生まれた「エリーパワー」

そのため会社には「安全な電力貯蔵用リチウムイオン電池が世界を救う」という思いが根底にある。また、“安全な”というように電池の安全性にはとことんこだわっているという。実際のところリチウムイオン電池は、発煙・発火の可能性が高く、高度な生産技術が必要とされる。
そこでエリーパワーは、電池の材料からこだわり、正極材料には希少金属ではない安全性の高い材料を用い、世界で初めて国際的認証機関TÜV Rheinlandリンクアイコン(テュフ ラインランド)の安全性認証を取得。釘を刺しても過充電しても発火しない、世界トップレベルの安全性と長寿命、温度特性を実現しているのだ。
さらに、ほぼ全自動の自社生産工場を2010年に完成させ、2012年には第2工場も稼働。現在では年間140万セルの生産能力を誇っている。


「スマートイルミネーション横浜さんに協力するのは、そのコンセプトがエリーパワーにぴったりだと思ったから」(船岡さん)

イベントなどに使うクリーンで静か、そして安全な蓄電池を使いたいと、エリーパワーには、毎年、数多くのイベントのオファーがあるという。そしてスマートイルミネーション横浜には、2016年から2018年にかけて蓄電池を提供している。
最大出力1400W、蓄電容量2.5kWhの可搬型蓄電システム「パワーイレ・スリー」は、静かでクリーン、そして1日を通してアート作品への電力供給も可能ということで、展示物への電力供給に大活躍。
また、プレスルームなどで、一度に10台のスマートフォンや携帯電話を充電できるポータブル蓄電池「エリー・ワン」も好評を得ていたのだ。

同じく、昨年開催されたスマートイルミネーション横浜2018において稼働された「パワーイレ・スリー」。FUKUPOLY氏による作品「GEKKO」はベートーベンの「月光」が流れる映像作品だったが、稼働音はほぼ感じられなかった。

また、今年も昨年に引き続き、スマホなどの電源スポットとして、象の鼻テラス内にてポータブル蓄電池「エリー・ワン」が設置される。
https://www.eliiypower.co.jp/products/general/eliiyone.html


アート作品を撮影したりSNSを利用していると、スマホのバッテリーはすぐ消費されてしまう。このような充電スポットがあることは大いに助けられる。

スマートイルミネーション横浜2019に来場の際、お困りの場合は是非この「エリーワン」をお使いいただきながら、足を休めてゆっくり作品を眺めてほしい。

「電気をただ使うのではなく、再生エネルギーを考えたり、電気を大切にしているのがいいなあと思いました。また、野外でのアート作品の展示は素晴らしいものですね。ぜひとも、多くの人に体感してほしいイベントだと思います。参加できたことは誇らしく感じています」と船岡さん。

ご紹介したエリーパワーの「パワーイレ・スリー」は、今年のスマートイルミネーション横浜2019でもアート作品に多数電源としての供給稼働を予定しています。

御協力:エリーパワー株式会社
URL https://www.eliiypower.co.jp/index.html

【INTERVIEW_3】Sarita Ibnoe「TENUN TEDUH」

「TENUN TEDUH」

スマートイルミネーション横浜2019、アートプログラムのテーマは「スポーツ・からだ・エモーション」。
インドネシア出身のアーティスト、サリタ・イブノー氏は探求する「織り」の手法で、様々な材料を用い来場者との交流も共有しながら作品を作り上げる。
会期を通して作られる作品への思いを作家本人に聞いた。

来場者とともに、スクラップ生地や落下物、糸、ゴミなどを材料に、それらを輩出したまちについて語りながら作品を織る。「TENUN TEDUH」=WOVEN SHELTERとは、織り綴られたシェルターを意味し、会期終了時に完成する予定。

―展示作品における思いとは?

イブノー:「TENUN TEDUH / WOVEN SHELTER」は、織物へのメタファーとエッセンスを用いたアートワークを作ろうと模索している中、未だ完成していない作品。
私のとっての「織り」とは、瞑想的で、かつ行きつ戻りつを繰り返す行動である。
二つの街に住み、作品を制作するために行き来し、旅を私の家にしていることから、私は現在行なっている移動そのものを織りの本質としている。

ここでは「接続」と「構築」がキーワードになる。ホーム(家)/安全な場所を同時に構築する経験こそが大きなアイデアになるのだ。
この作品は、参加者と私が、スクラップ生地、見つかったオブジェクト、糸、ゴミなどを織り交ぜながら、故郷の物語を語る参加型の活動になる。
特に、震災が起こってから始まったスマートイルミネーション横浜について読んだ後、家の再建を祝う象徴化に適していると思えた。
織りが全て完了すると、安全な場所としての壁=「TENUN TEDUH / WOVEN SHELTER」が出現することとなる。

―スマートイルミに参加する意義を教えてください

イブノー:スマートイルミネーションに参加することは私にとってエキサイティングな挑戦。これまで見せてきた作品は私にとって新しい探求であり、私が主に過去行った中でも最大の作品かもしれない。

技術的なことはさておき、この機会は私に取ってよきタイミングだと思っている。横浜と私が住まうジョグジャカルタ(Yogyakarta)は、日本とジャカルタでは第二の都市というべき場所。私の実験的な織りと探求は家と国境を語るための手法である。
初めのスマートイルミネーションは場所を再構築する精神で作られていた。私はこの経緯から小さいつながりを見つけており、それらのつながりが、良きタイミングで場所に配置する存在としてのアートワークを作ると考えている。
私の作品が日本で展示されるのもはじめて!

―電力削減、省エネルギーについて、作品を通して考えられたこととは?

イブノー:私が直面する技術的な挑戦なのかも。
まず、イルミネーションとなる光を扱うことこそ、私の最初の課題だった。とはいえ、電気自体も日本と異なる。安全を考え、日本から全ての光に関するものを購入し、それらを「家」そのものに装飾するような一般的な配置で設置する計画でいる。

世界中が地球の現状を心配するなか、それぞれの国や人々が地球を救うために尽くしている。私ができることとして、私の生き方やアートを作ることから無駄を最小限に抑えようとしている。
この作品では、私は可能な限り、自宅から出たプラスティックや紙など、未使用の衣服や乾燥した廃棄物を集めて素材として使い、作品に織り込んでいる。

本来この実験的な「織り」は、最小限に抑える無駄が主な意図ではなかった。最初の目的は、私が日中に見つけた対象物を用い、それらを織って、記憶と記録をつくり出すことだった。
でも私は、我々が持っている使えるものは全て使うことこそが、作品を作る良い道筋(=方法)であると気づいたのだ。

連携プログラム9プログラムを発表!

『スマートイルミネーション横浜2019』にて、主旨に賛同した様々な企業・施設・団体とのコラボレーション企画である「連携プログラム」を象の鼻テラス、象の鼻パークで展開します!
今年は全9プログラム。老若男女にかかわらず楽しめるプログラムばかりです。
ご興味をもたれた方は、是非ご参加ください☆

★こちらからご確認いただけます★

【INTERVIEW_2】 武内満「ひかりおくり」

「ひかりおくり」

スマートイルミネーション横浜2019、アートプログラムのテーマは「スポーツ・からだ・エモーション」。昨年行われたスマートイルミネーション・アワード2018で、石井結実氏とともに最優秀賞を受賞した武内満氏が展開するのは、レーザーで横浜税関を彩る印象深くてダイナミックな作品。この展示作品について作家本人に聞いた。

体験者が投げるアクションをすることで、映されていたレーザーの光の粒が舞い上がり、税関の塔に集まって、体験者のシルエットとなる。体験者は横浜税関の一部になるような感覚が得られるのでは。

―展示作品における思いとは?

武内:もともとは、インタラクティブなコンテンツや作品を作っていて、それをつなげた作品を作りたいと思っていました。今回は、歴史的な雰囲気のある税関の建物と、新しい感じのする象の鼻テラスやパークを、レーザーの光で、時間をつなぐような作品にしたいと思っています。

―スマートイルミに参加する意義を教えてください

武内:スマートイルミネーションのアワードに、これまで2回参加しています。アワードには、消費電力に制限があって、“この光はどれだけ電力を消費しているのか”を考えるきっかけになりました。その制限があるからこそできる表現や作品があるというところで、スマートイルミネーションは面白いなあと思っています。

―電力削減、省エネルギーについて、作品を通して考えられたこととは?

武内:電力を贅沢に使うようなイベントがいっぱいある中、スマートイルミネーションは制限がある。それが地味ではなく、かえって面白いと思います。電気をほとんど使っていないのに、すごく光がきれいに見える作品がある。特色があって面白いですね。

―作品についてメッセージをお願いします

僕の作品は、体験者の動きにあわせて光が変化します。光の粒が流れるようにもなります。ちょっと動いただけで、大きな光を操るのは楽しいと思いますよ。しかも、その光が大きな税関の壁にレーザーが当たっているというのは、普通であれば、まずありません。その非日常性を楽しんでほしいですね。周りの人もビックリしたりして楽しんでいただき、みなさんの心が動いたら、いいなあと思っています。

昨年の作品はこちら… 

12345