FUTURE CITY FUTURE NIGHT

スマートイルミネーション横浜

© Smart Illumination Yokohama executive committee

NEWS

【INTERVIEW_2】 武内満「ひかりおくり」

「ひかりおくり」

スマートイルミネーション横浜2019、アートプログラムのテーマは「スポーツ・からだ・エモーション」。昨年行われたスマートイルミネーション・アワード2018で、石井結実氏とともに最優秀賞を受賞した武内満氏が展開するのは、レーザーで横浜税関を彩る印象深くてダイナミックな作品。この展示作品について作家本人に聞いた。

体験者が投げるアクションをすることで、映されていたレーザーの光の粒が舞い上がり、税関の塔に集まって、体験者のシルエットとなる。体験者は横浜税関の一部になるような感覚が得られるのでは。

―展示作品における思いとは?

武内:もともとは、インタラクティブなコンテンツや作品を作っていて、それをつなげた作品を作りたいと思っていました。今回は、歴史的な雰囲気のある税関の建物と、新しい感じのする象の鼻テラスやパークを、レーザーの光で、時間をつなぐような作品にしたいと思っています。

―スマートイルミに参加する意義を教えてください

武内:スマートイルミネーションのアワードに、これまで2回参加しています。アワードには、消費電力に制限があって、“この光はどれだけ電力を消費しているのか”を考えるきっかけになりました。その制限があるからこそできる表現や作品があるというところで、スマートイルミネーションは面白いなあと思っています。

―電力削減、省エネルギーについて、作品を通して考えられたこととは?

武内:電力を贅沢に使うようなイベントがいっぱいある中、スマートイルミネーションは制限がある。それが地味ではなく、かえって面白いと思います。電気をほとんど使っていないのに、すごく光がきれいに見える作品がある。特色があって面白いですね。

―作品についてメッセージをお願いします

僕の作品は、体験者の動きにあわせて光が変化します。光の粒が流れるようにもなります。ちょっと動いただけで、大きな光を操るのは楽しいと思いますよ。しかも、その光が大きな税関の壁にレーザーが当たっているというのは、普通であれば、まずありません。その非日常性を楽しんでほしいですね。周りの人もビックリしたりして楽しんでいただき、みなさんの心が動いたら、いいなあと思っています。

昨年の作品はこちら… 

【INTERVIEW_1】 石井結実「痛い×アート」

「痛い×アート」

スマートイルミネーション横浜2019、アートプログラムのテーマは「スポーツ・からだ・エモーション」。昨年行われたスマートイルミネーション・アワード2018で最優秀賞を受賞した石井結実氏が手がけたのは、「からだ」と「エモーション」を実体験する、まさしくも「痛いアート作品」である。展示作品について、作家本人に聞いた。

第二の心臓と言われる足の裏を刺激する、実に健康的なアート装置。裸足になり、光る石に勇気を持って踏み出して欲しい。全身を駆け巡る痛みを通し、自身の体を再認識できるはず?

―展示作品における思いとは?

石井:実際に作品に触れてもらって、そこから何か刺激を受けてもらいたいなという作品です。 “痛い”という刺激は、 “辛い”だけではなく、逆にそれを快楽に感じる人もいるように、いろいろな感情になると思います。そこで、デコボコのマットのような上を歩いて、“痛いけど、気持ちいいなあ”という不思議な感覚を味わってもらいたいと思って作りました。

―スマートイルミに参加する意義を教えてください

石井:このフェスティバル自体が東北の大震災の後から始まったもので、そこにアートという立場から関わりあい、“電気を考える”ことに意義があると思っています。また、来場者の方にも、“電気のこと”を考えるきっかけになればいいなと思っています。

―電力削減、省エネルギーについて、作品を通して考えられたこととは?

石井:前年の私の作品(最優秀賞を受賞)は、既存の光を再利用したものでした。同じように今年も光を再利用したものです。蓄光する石を使って、日中にたまった光を夜になって発します。こうした作品を通じて、電気のことを考えるきっかけになれば嬉しいですね。

―作品についてメッセージをお願いします

石井:私は、まだ学生で、建築を学んでいます。それはスクラップ&ビルドではなくて、今ある物を、どう活用して住まうかというものです。既存のモノを生かしたい。そういう意味で、ゼロより作るという他のコンペと違って、「スマートイルミネーション」は私本来のテーマに近いと思っています。

昨年の作品はこちら…

11/2(土)スマートイルミネーション・サミット2019を開催します!

11/2(土)、象の鼻テラスにて、スマートイルミネーション・サミット2019を開催します。

 

昨年のプレミーティングを経て、今年は海外2都市(ジャカルタ/ニューヨーク)を招聘します。
それぞれにユニークな活動を展開する世界の創造的都市の現場からゲストを招き、互いの取り組みを紹介しあうことで、SDGs(持続可能な開発目標)の達成など、新たな時代の都市課題を踏まえた創造都市の発展可能性を探ります。

ご参加無料、象の鼻テラスにて受付いたしますので、ぜひお気軽にご参加ください。

 

<登壇者>(敬称略)
イグナティウス・ヘルマワン・タンジル (LeBoye design/Dia.Lo.Gue artspaceファウンダー、クリエイティブ・ディレクター)
島田智里 (ニューヨーク市公園局 都市計画&GISスペシャリスト)
岡田勉 (スマートイルミネーション横浜 アートディレクター)
信時正人 (スマートイルミネーション横浜実行委員会 委員長)
※招聘の予定をしておりましたリヨン市は、当市の都合により不参加となりました。

<ファシリテーター>
守屋慎一郎 (スマートイルミネーション横浜チーフプランナー)

 

詳細はこちら

http://smart-illumination.jp/program/summit2019/

アートプログラム制作補助ボランティア大募集!

スマートイルミネーション横浜は、毎年、多くのボランティアの皆様に支えられ、多くのお客様にイベントを楽しんでいただいています。
今回、スマートイルミネーション横浜2019のメインプログラムであるアートプログラムに参加するアーティスト、高橋匡太さんの作品制作を手伝ってくださるボランティアを募集いたします!

 

【募集作品】
作品タイトル:チャレンジ!!象~ン ~子どもクリエイターと考えたスマイルコース~
アーティスト:高橋匡太
http://smart-illumination.jp/program/challenging-zone/

 

ー募集内容ー
〈募集日程〉 2019年10月29日(火) – 10月31日(木)
〈募集人数〉 各日2〜6名程度
〈勤務時間〉 10:00~16:00
〈勤務地〉  象の鼻テラス(横浜市中区海岸通1丁目)
https://zounohana.com/map/
※作業は屋外(象の鼻パーク)にて行います
〈補助〉   1日あたり2,000円(交通費、食費補助として)
※食事のご用意はありません。
〈業務内容〉 制作補助作業
(アーティストやディレクターの指示の元、作品の組み立て作業等)

*全日程でなくて構いませんが、多くの日程ご参加いただける方から調整させて頂きます。
*時間は要相談

ー応募条件ー
・18歳以上、男女不問。
・ものづくり、現代アートや展覧会、イベント運営に興味がある方。

ー応募方法ー
メールのタイトルに「スマートイルミネーション横浜2019 制作補助ボランティア応募」とご記載の上、本文に次の内容をご記入の上、下記EメールまたはFAXにてお申込みください。追って担当者よりご連絡申しあげます。

お名前:
参加可能日時:
電話:○○○-○○○○-○○○○
Email(メイン):

ーお問合せ・応募先ー
Email::event[a]zounohana.com
※[a]を@に変更して送信ください。
TEL::045-661-0602(10:00-18:00)
FAX:045-661-0603

ご応募お待ちしております。

スマートイルミネーション横浜2019 アートプログラム3作品先行発表

「スマートイルミネーション横浜2019」アートプログラムの参加アーティスト3組を、先行して発表いたします!

今年のアートプログラムのテーマは「スポーツ・からだ・エモーション」。
2019 年はラグビーワールドカップ⽇本⼤会の開催年です。横浜でも決勝戦・準決勝戦・プール戦4 試合の合計7試合が開催されるなど、スポーツへの注⽬が⾼まっています。こうした機運を捉え、今年のスマートイルミネーション横浜では、『⼈間の⾝体』に着⽬し⾝体性や運動性、⼈体のさまざまな営みの中からヒントを得て⽣み出された作品群を、象の⿐パーク・象の⿐テラスに展⽰します。本イベントのコンセプトである環境・省エネ技術の活⽤を図りつつ、⼈種や⾔語の壁を越え、世界の誰もが⾝体的に楽しむことができる光のアートフェスティバルを構成します。

【先行発表 アートプログラム作品】

©️MIRRORBOWLERS Inc.

ミラーボーラー / MIRRORBOWLER 

作品タイトル:『たまごプロジェクト/TAMAGO PROJECT』

原倫太郎+原游/Rintaro Hara+Yu Hara

作品タイトル:『ルミナスピンポン/Luminous Ping Pong』

小野澤峻/Shun Onozawa

作品タイトル:Movement act

12345