INFORMATION

プログラム紹介

マップはこちら
  • アートプログラム
  • FutureCity Yokohamaスマートイルミネーション・アワード 2016
  • 参加プログラムみんなでつくる横浜夜景

国内外のアーティストたちが環境技術を活用し「もうひとつの横浜夜景」を提案するメインプログラム。多彩な「光」のアート作品が象の鼻パークを中心とした会場を彩ります。

作品 (作品イメージ)
power of will ! final shooting ! / 意念力!終極發射! アーティスト:Lu Yang(中国・上海)/ 象の鼻パーク

象の鼻パークにあらわれるアーティスト自身の「顔」を模したバルーン作品。髪を掻き乱しながら、溢れだすエネルギー(光線)を宇宙に放ちます。

作品 (作品イメージ)
HEART バルバラ・キャデ Barbara Cadet(フランス)/ 象の鼻テラス内

⽴体的なハートのインスタレーション。形をつくるのは、動物をモチーフにした⾊鮮やかな切り絵。 中⼼には照明があり、来場者が⾃由にON/OFFすることで、ぼんやりと浮かび上がらせる。

作品 (作品イメージ)
光のオトイロ つちやあゆみ / 象の⿐パーク

作曲・演奏ができる、ガラスの琴。琴は⾊毎に⾳階を持ち、その7⾊と透明な⾳消し板で、多様なメロディを紡ぐ。

作品 (作品イメージ)
ささやく街の灯 髙橋匡太 / 象の⿐防波堤先、プロムナード

横浜都⼼臨海部を望みながら対岸に広がる夜景を眺めるインスタレーション。夜景や光にまつわるお話がラジオから流れ、ランプの暖かなあかりのもと静かに時を過ごします。ラジオから流れる曲のリズムに合わせて夜景に隠されたライトがささやきます。

作品 撮影:Katsuhiro Ichikawa (作品イメージ)
instinctively0 ⼭内沙也果 / 象の⿐パーク、⼭下臨港線プロムナード橋脚下

⼈それぞれに⾃分を良く魅せる得意な⾓度を持っている。そんな⾓度よりも直感的に魅せる⾓度の⽅が⼈間的で⾯⽩い。

作品 (作品イメージ)
ポンプ DE イルミ vol.2 松本⼤輔+原⽥弥 「夜の運動会実⾏委員」 / 象の⿐パーク

イルミネーション+運動会=忘れられない体験
あかり+空気⼊れ=夜の運動会
⾃然エネルギー+来場者のエネルギー=未来の横浜夜景
空間ライトアップ連動、複数⼈対戦可能なポンプ DE イルミ vol2.
横浜夜景と笑顔を体験下さい。

作品 (作品イメージ)
光のらくがき (株)中川ケミカル / 象の⿐パーク

蓄光シートのパネルにペンライトをつかって⾃由にお絵かき!写真を撮ったり思い思いにひかりのらくがきをお楽しみください。

作品 (作品イメージ)
電光☆劇場 ⽇下淳⼀ / 象の⿐パーク

全⾝光り輝く⾐装を⾝に着けたイルミネーターが展開するパフォーマンスと参加体験型インスタレーション。
→ 開催日時 : 11月2日(水)、
3日(木・祝)、5日(土)、6日(日)
17:30 - 19:00、20:00 - 21:30
→ 参加費 : 無料

作品 (作品イメージ)
発電ポールダンサー〈メガネ〉の⾃家発電ナイト / 象の鼻テラス メガネ、TABATHA(ダンスユニット)、菅尾なぎさ(振付家・ダンサー/クリウィムバアニー)、 松原東洋・⻑⾕川宝⼦(舞踏家/渋さ知らズオーケストラ)、⻑井江⾥奈(振付家・ダンサー/まことクラヴ)
企画:TRAUMARIS
企画協⼒:株式会社アースプラス

孤⾼の覆⾯ダンサー〈メガネ〉が回転により発電するポールダンスマシンを駆使し、4組の出演者のために⼩型アンプやラジカセ、LED電飾などをフル稼働。パフォーマンスの底⼒と電⼒のありがたみを⾝体をはって伝える、美しき労働の⼀夜!
※11⽉4⽇(⾦)のみ実施

作品 (作品イメージ)
茶会「裏窓の灯」 / A tea party "The light in rear window" 徳永宗夕+日下淳一 / Soseki Tokunaga + Junichi Kusaka

→ 開催日時:11月4日(金)17:00、17:15、
  17:30、17:45、18:00、18:15、18:30、
  18:45、19:00、19:15、19:30 / 11回
→ 参加費:茶会への参加1500円
  ※屋外からの観覧無料
→ 参加方法:要事前予約 /
  TEL:090-8023-8133(くさか)
MAIL:junxaka@gmail.com

茶道裏千家準教授徳永宗夕と日下淳一のコラボレーションによる茶会。象の鼻テラスのショーウィンドー内で、一夜限りの特別な設えの中、幻想的な光の茶会が開かれます。

作品 (作品イメージ)
オトギ ノナカ (新保瑛加/松川栞)/ 横浜市開港記念会館

横浜市開港記念会館の窓を、外から⾒上げて楽しむ作品。透明レリーフと鮮やかな光が「オトギ」の物語をつくりだす。

作品 (画像)撮影:加藤⽴
illumination land 加藤⽴ / 象の⿐パーク(映像作品)

現実世界に潜むささやかな気づきや美しさをすくいあげる「クールでほっこり」なコンセプチュアルアートをつくり続ける加藤⽴。波打ち際に“あるもの”を放置して波の形を残す映像作品『illumination land』は⾃然のエネルギーが秘めた⼒強さをダイレクトかつ詩的に表現します。

作品 (作品イメージ)
bristle ⻑⾕川依与 / 象の⿐パーク

bristleとは名詞で「粗い⽑」、動詞で「⽑を逆⽴てる」「密⽣する」などを意味する。⽇常⽣活で使われている何気ない既製品に⼈が1アクション加えることで、⼈が⽣み出した物から⼈が進化の過程で失った本能的なものを表現できないかと考えた。

作品 (作品イメージ)
yamaori taniori tent 長谷川依与/象の鼻テラス屋上

折り紙からヒントを得てできた簡易テント。プラスチックダンボールに折り目を入れて、人の折るという行為を介在させることで完成する。

作品 (作品イメージ)
ガイドシップ ⽇下淳⼀ / 横浜港内
⽇下淳⼀による光る⾐装をまとったガイドとともに海から象の⿐パークを⼀望しクルーズする。
イルミネーション・ガイドシップ /
Illumination Guide ship
→ 運航:
  株式会社ケーエムシーコーポレーション
→ 衣装:日下淳一
→ 航路:ピア象の鼻~万国橋~汽車道~
  みなとみらい周遊
→ 出航時間:17:30 -、18:30 -、
  19:30 -、20:30 -、21:30 -
 ※運航時間は25分程度
→ 乗船方法:ピア象の鼻桟橋にて
  出発30分前頃より販売(各回定員 8名)
→ 乗船料:1000円

日下淳一による光る衣装をまとったガイドとともに海から象の鼻パークを一望しクルーズする。