FUTURE CITY FUTURE NIGHT

スマートイルミネーション横浜2018

© Smart Illumination Yokohama executive committee

光球 (ひかるたま) / Licht Kügel

「光る」「動く」「浮く」の3つのテーマに沿って、夜の空間に置かれる仮設構造物をデザインするという課題によって作成された作品。「原寸大」のモノを「自力建設」することによって作り上げられた「光球 (ひかるたま)」。その空洞には、高さ60cm の台座部分にある「にじり口」から入ることができる。空洞内部に設けられた緩やかに回転する光源からの光が、外側に向かって、角材の隙間から漏れ出す。

The work made under the task to design a temporary structure in the night space along 3 themes, ‘to be bright,’ ‘to move,’ and ‘to oat.’ ‘Licht Kügel (a lighting ball: Hikaru tama)’ is made from ‘the full-sized’ thing by ‘constructing in its own.’ You can enter the cavity from ‘Nijiri guchi’ at the pedestal of 60m in height . The slow-circulating light from the source which is inside the cavity comes outward through the rectangular lumbers.

CREDIT

機材協力
住商機電貿易株式会社
制作
馬場夏月・宮野藍・財部彩美・坂井優花・ 小野菜月・赤羽沙耶・川島乙華
Equipment offered by
SUMISHO MACHINERY TRADE CORPORATION
Production
Natsuki Baba, Ai Miyano, Ami Takarabe, Yuuka Sakai, Natsuki Ono, Saya Akahane, Kimika Kawashima

LOCATION

象の鼻パーク

Google Map

ARTIST

BACK