FUTURE CITY FUTURE NIGHT

スマートイルミネーション横浜

© Smart Illumination Yokohama executive committee

TENUN TEDUH (トゥヌン・テドゥ)

2019年11月1日(金) 〜 4日(月・祝) 

TYPE: Exhibition

CATEGORY: Art Program

来場者は、スクラップ⽣地や、落下物、⽷、ゴミなどを材料にして、それらを排出したそれぞれの町について語り合いながら、作家とともに「織り」を⾏います。 瞑想的で反復的な織りは、内から外へ、前へ後ろへと⾏き来する⾏為。ここでは「接続」と「構築」とをキーワードに、家、あるいは安全な場所をともに作り出します。会期終了時には、織りの完了とともに、トゥヌン・テドゥ/ウーブンシェルター(織り綴られたシェルター)が完成します。

Visitors try to 'weave’ scrap cloths, lost items, threads, trash, etc. with the artist, while talking together about each town where these materials are thrown away.
Meditative and repetitive weaving is an act of going in and out, or forward and backward. Here, we create houses or safe places together with keywords of ‘connection’ and ‘construction’. On the end of the event, TENUN TEDUH/woven shelter is accomplished.

CREDIT

後援
インドネシア共和国大使館
Supported by
Embassy of the Republic of Indonesia

ARTIST

BACK